ルームシェアからシェアハウスへ

Posted by

最近は住まいの多様化が進んでいるようで、ルームシェアして暮らしているという人も多いです。

中には狭い部屋をルームシェアをして利用しているという人もいるのですが、ルームシェアをするのならば思い切ってシェアハウスを利用するのもよいのではないでしょうか。

シェアハウスは、共同生活をすることを前提としたサービスなので、それぞれが暮らすだけのスペースも確保されている可能性が高いですし、その他施設が充実していたりもします。

場合によっては、スポーツジムが併設されたシェアハウスなんてのも存在して、体を日々鍛えていきたいような人には最高の環境です。

シェアハウスは物件選びによって、暮らしをさらに豊かにすることができるサービスなので、ルームシェアより少し進んだシェアハウスを利用してみるのも面白そうです。

同様に共同生活を提供する場としては、シェアハウス東京のようなサービスがあり、低家賃で長期滞在できる住まいとしても人気のサービスです。

以前は、ルームシェアやゲストハウスが十把一絡げでシェアハウスと呼ばれたり、意味の区別もなかったりして、混乱していましたが、最近は宿泊施設がゲストハウスや民泊、居住施設がシェアハウス、個人的に複数人数と居住することをルームシェアというように、統一されてきました。
そこで、個人間でのルームシェアより、専門業者に頼んだ、シェアハウスが市民権を得てきました。
知り合いで、もめたら、引っ越しということになりますが、業者の物件は住み続けられます。安心です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。